■ 勃起不全になる原因

勃起不全とは性欲があるのに勃起しない状態の事です。

正常な方は性的刺激があると、血管が広がり血液が海綿体に流れ込むために勃起します。

これが勃起不全になると血液が海綿体に流れ込みにくくなり、十分な勃起が起きにくくなります。

精神的要因で勃起不全になった方は、性行為を行うその時だけ症状が現れることがあります。

性行為時の過度の緊張やストレス、プレッシャー、過去のトラウマなどで勃起不全になられるケースが多いです。

機能的要因で勃起不全になった方は、精神的要因と違って常に勃起が難しい状態です。

それは高血圧症、糖尿病などの生活習慣病や過度の喫煙などによって、血管が広がりにくくなっているためです。

精神的要因の場合はその要因を取り除けば、勃起する本来の機能は大丈夫なので改善が見込めます。

機能的要因の場合は生活習慣病を治す事、生活習慣を見直すことで機能回復を図ると改善が見込めます。

バイアグラを医師に処方してもらうことで、勃起不全が改善の傾向になります。

■ バイアグラが有効な理由

ED治療薬は現在では数種類が開発されていますが、その先駆けとなったのがバイアグラです。

本来は狭心症の治療薬とした開発された薬品ですが、臨床試験で勃起促進作用が確認された事で転用されるようになっています。

バイアグラは、勃起を抑制させている酵素の働きを阻害するというのが直接の作用です。

このために精力を増強したり快感を増加する様な作用はありません。効果は蓄積される事はないので、体外に排出されると作用が起こらなくなります。

バイアグラは食事による影響を受ける事が知られており、空腹時に服用する事が推奨されています。

ただし、空腹のままバイアグラを使用して性行為を行うのは体への負担も大きくなるので、バイアグラの成分を体に吸収させてから食事を取るのが効果的です。

具体的には、食事の30分前の服用が有効です。

■ ED治療薬のレビトラの副作用について

ED治療薬の「レビトラ」は2003年にドイツのバイエル社から発売されたED治療薬で、1998年にアメリカのファイザー社から発売された「バイアグラ」に次ぐ2番目のED治療薬です。

日本では2004年に正式に日本国内での使用が認可されました。

「バイアグラ」よりも即効性が高い事で知られる「レビトラ」はバイアグラと同様に副作用もある点を忘れてはいけません。

「レビトラ」の代表的な副作用としては、胸焼け、目の充血、動悸、軽い目まい、軽い頭痛、そして全身や顔の火照りなどです。

「バイアグラ」が食事を食べた直後や胃に何か内容物がある状態での服用で効果が薄れてしまう点に対して、「レビトラ」は食事の影響を「バイアグラ」と比べても受けにくい点がメリットとして挙げる事が出来ます。

Page Top